文字サイズ

  • 標準
  • 特大

津幡ブランド

津幡を掘りおこす 津幡ブランド

 本町の資源を生かした町内産品を津幡ブランドとして認定し、全国に向けて町の輝く魅力を情報発信することにより、知名度向上と地域産業の振興及び活性化を図る事業です。

ー 目次 ー

津幡ブランド認定品一覧

津幡ブランド認定品一覧





山ごぼうの葉っぱの緑がそばの色

「倶利迦羅そば」

倶利伽羅地区近辺や峰続きの医王山・宝達山の裾地で採取した山ごぼうの葉を加えた、コシが強い緑色のそばです。 倶利迦羅不動寺の食堂が発祥で、当時の住職の助言などにより誕生したといわれています。

有限会社倶利迦羅そば普及会
電話076-288-5389
 


ポリフェノールたっぷり

「おまん小豆茶」

津幡町に伝わる民話「おまん伝説」を由来とする「おまん小豆(ヤブツルアズキ)」を使用したお茶(ティーバッグ)です。 老化防止や生活習慣病予防に効果があるといわれるポリフェノールが豊富に含まれています。 


おまん小豆の会電話 
076-289-5565
 
 
小豆入りのサクサクとした新食感

「おまん小豆アイス」  

  津幡町に伝わる民話「おまん伝説」を由来とする「おまん小豆(ヤブツルアズキ)」をパウダーにして練りこんだ、香ばしく、サクサクとした食感が楽しいアイスです。

 
おまん小豆の会
電話 076-289-5565
 
自然豊かな河合谷の贈り物

「純正日本はちみつ」

自然豊かな里山、津幡町河合谷地区で日本の在来種である「ニホンミツバチ」により採蜜された、無添加・無調整にこだわったはちみつです。 蜜は地域の野草や木の花から採取されており、風味豊かな味わいに仕上がっています。 

里山養蜂(代表:坂本 稔)
℡076-287-1244
 
津幡ご当地バーガー

「つ~バーガー」

津幡町倶利伽羅地区産米ともち米をブレンドし、おまん小豆の煮汁で炊き上げたライスプレートで、津幡町特産のヤーコンや地元で採れた加賀レンコン、五郎島金時などの野菜をたっぷり使用したかき揚げをサンドしたライスバーガーです。 

津幡町商工会青年部
℡ 076-288-2131
 
伝統技法の切面を今に伝える

「建具(障子、ドア、フスマ)」

津幡町産の間伐材を使用した建具です。 石川県に残る伝統技法の切面(縦横に組んだ細い部材「組子」の角を削る面取りの技術)を取り入れています。   



中田建具店
℡ 076-289-2645
(中田建具店ホームページ)
 
地元漆工芸作家と共同開発

「建具(森のアート漆塗り板戸)」

津幡町産の間伐材を使用し、地元漆工芸作家と共同開発した建具です。 杉材を縦張り、横張りに使い、表面に浮造り(うづくり:木目を浮かび上がらせる技法)加工を施した後、紅色に塗り、上から漆を塗り重ねました。漆を厚く塗っても木目を殺すことなく、むしろ木目が浮き出たように見えます。 
河原建具店
電話 076-289-2634
(河原建具店ホームページ)
 
食物繊維が豊富なヘルシー野菜

「まこもたけ」

津幡町の寒暖差のある中山間地でほとんど農薬を用いることなく大切に育てたまこもたけです。 8月下旬頃から10月下旬頃が最盛期で、低カロリーかつ食物繊維が豊富であり、浄血作用を有しています。どんな調理方法にも相性が良く、しゃきしゃきとした食感が楽しめます。 


津幡まこも生産組合
電話076-288-7555
 
赤ん坊のほっぺのようなやわらかさ

「千寿大福」

1口食して餅が広がり、2口食してあんが広がり、3口食して幸せが広がる大福です。 昭和60年の発売開始以後、変わらない味で地域に親しまれています。こしあん(白)、つぶあん(赤)の2種の餡を楽しむことができます。 


加賀藩たかくら
電話 076-289-2030
(加賀藩たかくらホームページ)
 
かわいい牛の焼印

「火牛の計」

源氏と平氏が戦った倶利伽羅峠の戦い(1183年)において、木曽義仲が用いた戦法の名前「火牛の計」にちなんだせんべいです。 




加賀藩たかくら
電話 076-289-2030
(加賀藩たかくらホームページ)
 
清涼な環境が育む特別栽培米

特別栽培米      
火牛の里「倶利伽羅米」

中世に倶利迦羅竜王(不動尊)を本尊とする倶利迦羅堂があったことを由来とする津幡町倶利伽羅地区の山間部、標高80メートル以上の清涼な水と空気のなかで、減化学肥料、減農薬にて育てた特別栽培米です。 


石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555
 
肌に優しくオールシーズン使える

「FFマフラー MUFFINE  Cotton100」

綿100%で肌に優しく、オールシーズン利用できる筒状構造のマフラーです。 筒状のため、首に巻く以外にも様々なアレンジが可能となっています。また、豊富なカラーバリエーションからお好みの色をお選びいただけます。 

有限会社プランドル飯田
電話 076-289-2498
(プランドル飯田ホームページ)
 
特許技術でズレ落ちにくいサポーター

「POPUN LU-LU- 
リングハグ」

特許取得の編み方により伸縮性に優れ、関節にぴったりフィットしてズレ落ちにくい、今までにない新感覚サポーターです。 ゲルマニウムを練りこんだ繊維を使用しているので、患部を優しく温めます。 


有限会社プランドル飯田
電話 076-289-2498
(プランドル飯田ホームページ)
 
ブレスレットやヘアーゴムとして

「くり・キャラRing」

独自に開発・製作したインクジェットプリント技術で津幡町大河ドラマ誘致推進キャラクターをゴム紐全面に印刷したリングゴムです。 派生商品として静電気防止糸を織り込むことで、静電気を軽減する効果を持たせた「くり・キャラ静電気軽減ブレス」を展開しています。 

有限会社ムラリー
電話 076-289-1147
(ムラリーホームページ)
 
希少な紫インゲン豆を使用

「いけなら紫 甘納豆」

「いけなら紫」は津幡町池ヶ原地区で古くから栽培されている、鮮やかな紫色をした希少性の高い紫インゲン豆の一種で、ほのかな甘みと芳ばしい香りが楽しめる上品な豆です。 「いけなら紫」を使用した甘納豆は通常の金時豆で作られる甘納豆を上回る香ばしさと食感が楽しめます。 

石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555
 
「いけなら紫」を使用

「いけなら紫 チョコサンド」

津幡町池ヶ原地区で古くから栽培されている「いけなら紫(紫インゲン豆)」を焙煎し粉末にしたものをホワイトチョコレートに練り込み、クッキーに挟みこんだお菓子です。 



石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555
 
「いけなら紫」を使用

「いけなら紫 細うどん」

津幡町池ヶ原地区で古くから栽培されている「いけなら紫(紫インゲン豆)」を焙煎し粉末にしたものを小麦粉と合わせた細めのうどんです。 乾麺なのでパスタとしても使えます。 



石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555
 
まこもたけと米は全て津幡町産

「まこも焼酎 ほくの里」

原材料を地元産にこだわり、津幡町特産のまこもたけと津幡町産米を使用しています。 イネ科作物のまこもたけを使用した焼酎は、米焼酎に似たあっさりとした味わいと、まこもたけ特有の香りが楽しめる一品に仕上がっています。 

石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555
 
まろやかな味わい

「長生舞」

創業天明6年(1786年)以来、津幡の地で栽培される自社独自の酒米(長生米)を使用し、自社の地下水(硬水)と霊水「清水」の湧水(軟水)を使い分けて米作りから酒造りまで心を込めて一貫生産しています。
~長生舞の特徴~
 創業当時から造られている、軟水ベースの女性的で柔らかい味わいのお酒です。  

株式会社 久世酒造店
電話 076-289-2028
(久世酒造店ホームページ) 
 
キレがある辛口

「能登路」

創業天明6年(1786年)以来、津幡の地で栽培される自社独自の酒米(長生米)を使用し、自社の地下水(硬水)と霊水「清水」の湧水(軟水)を使い分けて米作りから酒造りまで心を込めて一貫生産しています。
~能登路の特徴~
 硬水で仕込み、辛口で男性的な味わいのお酒です。  


株式会社 久世酒造店
電話 076-289-2028
(久世酒造店ホームページ) 
 
津幡町産コシヒカリ

「里山のこしひかり ほくの里」

町内の農家が丹精込めて育てたコシヒカリです。外気温や原料状態に合わせて除湿空気と加湿空気をコントロールできる乾燥システムを使い、自然に近い風でやさしく乾燥しました。






石川かほく農業協同組合経済部
電話 076-288-7555

※「純正日本はちみつ」と「つ~バーガー」と「建具」以外の認定品は倶利伽羅塾で販売しています。また、認証マークがついているものは、ふるさと納税の返礼品として活用されています。

 

津幡ブランド認定申請について

1.認定対象となる町内産品

 津幡町内で生産又は製造されたもの(商品、製造品又は農林水産物(加工品含む))です。


2.認定の申請をすることができる者

  1. 町内に主たる事業所又は住所を有する個人、法人又は団体とします。
  2. 農林水産物の認定を申請することができるものは、事業協同組合又は同じ業を営む者で組織される団体とします。ただし、知的財産権を取得している農林水産物は、個人や法人も申請することができます。


3.認定審査について

  認定審査は、有識者などで構成される津幡ブランド認定委員会が次の項目に基づき審査を行います。

  1. 他人の特許権及び商標権を違法又は不当に侵害するものでないこと。
  2. 商品の製造又は販売について法令による許可又は認可を必要とするものである場合には、当該許可又は認可を受けた者が製造し、又は販売するものであること。
  3. 法令等又は生産者等で構成された組合、業界等において製造基準及び表示義務が定められた商品である場合には、当該製造基準及び表示義務を満たしたものであること。
  4. 他の地域に対して優位性又は独自性を打ち出せる要素を持っていること。
  5. 名称、意匠又は材料が津幡町にちなんだ要素を持っていること。
  6. 意匠、技術、色彩又は品質が優良であること。


4.認定の決定

 認定審査の結果、適正であると認められたときは、津幡ブランド認定書を交付します。


5.認定期間

 認定の有効期間は3年とします。有効期間が満了となる場合において、再認定を希望する場合は、更新の手続きが必要です。


6.認定の取消し

 次のいずれかに該当するときは、認定を取消すことがあります。

  1. 認定を受ける要件又は資格を欠くに至ったとき。
  2. 認定の要件に適合しないと認められたとき。
  3. 虚偽の申請により認定を受けたとき。
  4. 認定内容の変更を行うための届出又は認定後の調査等による報告を行わなかったとき。
  5. 認定品の生産又は製造を廃止し、又は1年以上中止したとき。
  6. 津幡ブランドの信用を著しく損なう行為があったとき。
  7. その他、制度の運用に重要な支障をきたす行為があったとき。


7.認定の表示

 認定された事業者は、認定品及び包装等に認証マークを表示することができます。


8.認定された事業者の責務

  1. 認定品の生産や販売を通して、津幡町のイメージ向上につなげるように努めてください。
  2. 認定品の計画的な生産、製造並びに適正な品質管理及び流通体制の整備に努めてください。


9.認定によるメリット

  1. 津幡町ホームページやイベント時において津幡ブランド認定品を紹介しPRします。
  2. 津幡ブランドの認定品であること(認証マーク)を表示することができます。
  3. 物産展等への出品等に関する情報を提供します。
  4. ふるさと納税の返礼品として活用します。

ナチュラルコンサルタント株式会社へのリンク
有料広告募集