文字サイズ

  • 標準
  • 特大

講習会・試験案内

 各講習会・試験案内をまとめてあります。

ー 目次 ー

防火管理講習関係

令和4年度防火・防災管理講習会について

 防火(防災)管理者として必要な資格を取得するための各種講習会は、これまで津幡町消防本部で開催しておりましたが、令和3年度より一般財団法人日本防火・防災協会へ講習会の開催を委託し実施しております。

 日程、会場、講習種別、申込方法、その他詳しい内容については、一般財団法人日本防火・防災協会のホームページよりご確認ください。

救命講習関係

普通救命講習(Ⅰ、Ⅱ)

 主に成人を対象とした心肺蘇生法等の講習で、3時間または4時間で胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法と出血時の止血方法を実技指導する講習です。

普通救命講習Ⅲ

 主に、小児・乳児・新生児を対象とした心肺蘇生法等の講習で、3時間で胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の方法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法と出血時の止血方法を実技指導する講習です。

救急入門コース

 主な指導項目は、胸骨圧迫(心臓マッサージ)及びAED(自動体外式除細動器)の使用方法であり、講習時間にあっては90分となります。

 各コースに受講を申し込みされる際は、事前に消防本部までお問合せください。

※各コース、1名からでも講習を実施することもできます。
※団体(5名以上)で受講される場合は、指導員が会場まで出向し、講習を実施することもできます。

 申し込みに必要な書類は、下記関連ファイルからダウンロードをお願いします。

消防設備士関係

消防設備士試験とは

 消防設備士免状には、甲種と乙種があり、甲種は工事整備対象設備等の工事、整備及び点検ができ、乙種は整備及び点検ができます。ただし、各種類ごとに取扱う設備が限定されていますので、取扱う設備の種類ごとに免状が必要です。

試験期間について

 下記関連リンクの『財団法人消防試験研究センター石川県支部』をご確認ください。

試験の種類及び指定区分

試験の種類及び指定区分工事整備対象設備等の種類
第1類(甲種・乙種) 屋内消火栓、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備、その他
第2類(甲種・乙種) 泡消火設備、その他
第3類(甲種・乙種) 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、その他
第4類(甲種・乙種) 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備、その他
第5類(甲種・乙種) 金属製避難はしご、救助袋、緩降機
第6類(乙種)    消火器
第7類(乙種)    漏電火災警報器

消防設備士講習について

 この講習は、すでに消防設備士免状(消防法第17条の10)の交付を受けている方を対象とした講習になります。免状の交付を受けた日から2年以内の方、または消防設備士講習を受けた日から5年以内の方が対象となります。

 ※詳細は、下記関連リンク『社団法人石川県消防設備協会』からご確認ください。

危険物取扱者関係

危険物取扱者試験について

 一定数量以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために、必ず危険物取扱者を置かなければなりません。

※詳細については、下記関連リンク『財団法人消防試験研究センター石川県支部』からご確認ください。

危険物取扱者保安講習について

 この講習は、消防法第13条の23の規定により、危険物取扱者免状取得者のうち、危険物施設(製造所・貯蔵所・取扱所)において、危険物の取り扱いに従事している者(危険物保安監督者も含む)は、定められた期間内に受講しなければなりません。

※詳細については、下記関連リンク『石川県危険物安全協会』からご確認ください。
着物買取の案内所へのリンク
コバ電工業所へのリンク
株式会社津幡工業へのリンク
株式会社アライホームへのリンク
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク