文字サイズ

  • 標準
  • 特大

下水道の不具合について(2/7対象地域等を変更しました。)

 現在、下水道本管の破損により、汚水が流れにくい事態が確認されています。破損個所が多く、バキューム車、仮設ポンプ、バイパス管工事での応急対応をしておりますが、本格的な復旧の目途は立っておりません。

 引き続き生活に支障がない程度の節水をお願いします。また、夜間は排水量が増え、排水されにくいことが考えられますので、深夜や早朝に排水するなどの工夫をお願いします。お風呂に入らない、洗濯をしないなどの極端な節水はしなくてもよいです。


下水の不具合が確認されている地域

太田(は【津幡バイパスより西側】)・潟端・北中条(11号)・加賀爪(ロ)・横浜(い)・清水(ニ)・庄(ウ)・能瀬(ロ、ニ、ウ)・種


応急工事済みの地域(仮設工事の性質上、一部流れにくいところもあります。)

太田(は【津幡バイパスより東側】)・北中条(ル)・加賀爪(ニ)・清水(チ)・庄(イ)・吉倉


具体的な節水方法

・食器や調理器具についた油汚れはキッチンペーパーなどで拭いてから洗う。
・食器は流し洗いをやめて、汚れが落ち易いよう、ためた水につけておく。
・シャワーや歯磨き、洗顔の際は水をこまめに止める。
・湯舟の水位を少し低めに設定する。
・洗濯はまとめてする。
・トイレの「大」「小」を使い分ける。


応急の排水方法

 汚水がどうしても排水できない場合は、応急対策として、下記関連ファイルのとおりご自宅の排水設備の桝のフタを少しだけ開けて対応してください。ただしフタを無くさないこと、雨天時には雨水が侵入しないようにご対応をお願いします。

株式会社津幡工業へのリンク
ホームページ作成・制作代行AMS
着物買取の案内所へのリンク
コバ電工業所へのリンク
有料広告募集