文字サイズ

  • 標準
  • 特大

都市再生整備計画の事後評価について

 津幡町が計画し実施した事業の事後評価を公表します

 津幡町では、平成23~27年度にかけて社会資本整備総合交付金(旧まちづくり交付金)を活用し、津幡町北中部地区において都市再生整備計画事業を行いました。事業終了年度に事後評価を実施し、まちづくりの成果を確認することとなっており、このたび事後評価結果を公表いたします。

※ページ下、関連ファイルからご覧になれます。



都市再生整備計画とは

 地域のそれぞれの特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、地域住民の生活の質の向上と地域経済および社会の活性化を図るために創設された制度。なお、平成22年度から、まちづくり交付金は社会資本整備総合交付金に統合され、その基幹事業に「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。

事後評価の目的

 都市再生整備計画に記載された目標などの達成状況を客観的に検証し、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、住民の皆さんにわかりやすく説明することを目的としています。 


ナチュラルコンサルタント株式会社へのリンク
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク