文字サイズ

  • 標準
  • 特大

ゼロカーボンシティ宣言

2050年二酸化炭素排出実質ゼロを表明しました

 令和4年(2022年)6月6日の令和4年津幡町議会6月会議において、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」として、町民・事業者・行政が一丸となって力強く取り組んでいくことを表明しました。
 皆様には、これまでも地球温暖化対策を含め町の環境行政にご理解とご協力をいただいているところではありますが、カーボンニュートラルの実現に向けてさらなるご理解とご協力をお願いいたします。
 

ゼロカーボンシティって?

 環境省では、「2050 年に CO2(二酸化炭素)を実質ゼロにすることを目指す旨を 首長自らが又は地方自治体として公表された地方自治体」をゼロカーボンシティとしています。

カーボンニュートラルとは?

 二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と、森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成することをいいます。

どうやってゼロにするの?

 令和4年度に地域脱炭素実現に向けた再生可能エネルギーの最大限導入のための分析や調査・研究をすることとしています。これをふまえ津幡町地球温暖化防止実行計画(区域施策編)を策定し、町域から排出される温室効果ガスをどうやって削減していくか、施策・取り組みをお示しいたします。

津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク