文字サイズ

  • 標準
  • 特大

容器包装・資源ごみ

 容器包装とは、中身を取り出したり使用した後、不要になる容器や包装のことをいいます。
回収された容器包装・資源ごみは品目ごとにリサイクルされます。


収集について


収集回数     月1回(収集日や収集休止日については家庭ごみカレンダーをご参照ください)
開始時刻     収集日の朝6時から
収集車両     パッカー車、平ボディのトラック

出し方について


ステーション方式にて収集しております。区長さんやご近所の方に、お住まいの地区のステーションをご確認ください。(もえるごみ、もえないごみを出す場所とは別の場所になります)
・「容器包装・資源ごみ」以外のものは収集しませんのでご注意ください。
・資源ごみの収集袋を設置する際には、骨組の×(バツ)が上にくるように設置してください。

容器包装・資源ごみの例

ペットボトル     中身を出す→キャップ・ラベルを外す→水洗い→軽くつぶして出す(色分け不要)

・対象は飲料・酒・みりん・醤油用に使用されており、かつPETマークが付いているものです。
・キャップとラベルは必ず外してください。※キャップとラベルは本体と別の素材でできているため、一緒にリサイクルすることができません。特にキャップが付いたままだと、中身が残りやすい、処理する際にきれいにつぶれないなど、リサイクルに支障をきたすおそれがありますので、必ず分けてください。
・キャップを外した後に残るリングは無理に外す必要はありません。
・キャップは資源ごみ(エコキャップ)として回収しています。

空きびん      中身を出す→ふたをとる→水洗い→無色・茶色・その他の3色に分けて出す
・対象は飲料・飲食のびんのみです。
・色の見分けは、胴体ではなく口の色で判別してください。※びんの口をみてもはっきりと判断がつかないものは「その他びん」として出してください。
・ラベルはそのままでもかまいませんが、ふたは必ずとってください。
・取り外したふたは、材質により「もえるごみ」「資源ごみ(アルミ・スチール)」に分けて出してください。ただし一升びんのふたなど、一部が金属でその他大部分がプラスチック等の金属以外のものは「もえないごみ」として出してください。
・ふたがなかなか取れない場合は、上ぶたをちぎって出してください。※びんに付着している部分はそのままでもかまいません。

空き缶     中身を出す→水洗い→スチールとアルミに分ける→軽くつぶして出す
・飲料・食料用およびスプレー缶、海苔の缶やお菓子の缶、アルミ容器などが対象です。
・タバコなどのごみは絶対に入れないでください。
・スプレー缶は中身を使い切り、必ず穴を開けて出してください。

容器包装プラスチック     中身を出す→水洗い→ラベルやシールをはがして出す
・「カップ類」・「ボトル類」・「発泡スチロール容器」・「プラスチック容器」の4品目が対象です。(4品目以外はもえるごみに出してください。)
・汚れのひどいものや、洗浄に多量の水を使う場合はもえるごみに出してください。

紙パック     中身を出す→水洗い→切り開く→水切りをする→まとめて出す
・パックの中が白色以外のものは収集できません。
・注ぎ口がプラスチックなど紙以外の材質の場合は、口の部分を切り取って出してください。

蛍光灯・乾電池・体温計・かがみ     資源ごみステーションの専用コンテナに出してください
・蛍光灯は割らずに、買い替えた時の箱に入れて出してください。箱がない場合は新聞紙等にくるんでください。※割れてしまったものはリサイクルできませんので、もえないごみとして出してください。
・自動車・バイクなどのバッテリー、その他電子機器内蔵のバッテリーは収集できません。購入したお店や専門の処理業者へ相談・依頼してください。

廃食用油      資源ごみステーションの専用容器に入れてください
・使用済みの天ぷら油が対象となります。
・自動車や農機具のオイル類、天ぷら油を市販の薬剤で固形化したものは収集できません。
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク