文字サイズ

  • 標準
  • 特大

森林セラピー基地

 森林セラピー基地 津幡町・里山の森と湖「石川県森林公園」についてご紹介します。

ー 目次 ー

森林セラピーとは

 森林セラピーとは、癒し効果が科学的・医学的に検証された【森林浴効果】をいいます。
 いわば、一歩進んだ森林浴で、森林環境を利用して心身の健康維持・増進、疾病の予防を行うものです。
 石川県森林公園の森林セラピー基地では、森林セラピーの基本の森林散策と森林安息(森林深呼吸など)にさらに癒しの体験プログラム(ヨガ、フラワーアレンジメント教室、ハーブ教室など)を実施しています。

 ☆新しい体験プログラムとしてノルディック・ウォークとハンモックが加わりました。

森林セラピーにより得られる効果

  1. 森林浴でストレスが減少します。
  2. 森林浴でリラックス効果が高まります。
  3. 森の中で深呼吸をすると、体中の細胞に酸素がたっぷりと送られ免疫力が増加します。
  4. 森や自然の中で静かに過ごすことによって、心が穏やかになります。
  5. 五感(見る、聴く、味わう、嗅ぐ、触る)で心も体もリフレッシュできます。

森林セラピー基地認定証

 平成25年3月22日、NPO法人森林セラピーソサエティから『津幡町・里山の森と湖  石川県森林公園』として、森林セラピー基地に認定されました。

石川県森林公園での森林セラピー実験

 森林公園において、平成24年8月9日~10日の2日間にかけて、特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティによる森林セラピー基地認定のための実験が行われました。本実験では、津幡町の都市部と森林公園において被験者の生理・心理データーを取得し、その結果を比較検定することにより森林セラピー基地としての有効性が認められました。

石川県森林公園のセラピーロード

森林公園では、歩きやすく景観に優れた、5本のセラピーロードが設置されています。

ナチュラルコンサルタント株式会社へのリンク
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク