文字サイズ

  • 標準
  • 特大

6次産業化推進事業

 農水畜産資源の高付加価値化を促進することを通じて、食産業の振興及び経済の活性化を図ることを目的に、1次産業者と2次、3次産業者の連携による6次産業化の取組を支援するものです。
 具体的な支援策として、津幡町産の農林水産物を活用した、新たな付加価値を生み出す農林水産物の加工・販売などの6次産業化に取り組む個人・団体等に対して「6次産業化推進事業補助金」を交付します。

6次産業化推進事業補助金

事業内容

 町内で栽培・育成した農林水産物を農業者自らが加工し、付加価値を高めて販売する「6次産業」を行う法人や団体に補助金を交付します。


対象者

・農林水産業を営む法人

・農林水産業を営む個人が5人以上で組織する団体

・上記の取組に連携する流通業者及び食品事業者


申請期間

毎年4月1日から6月30日まで


補助決定

7月中に審査を行い、合否を通知


補助対象事業

加工品開発や販路拡大(ソフト事業) 


対象経費

・調査開発や販路拡大に必要な謝金や旅費

・原材料費(試作・実験)

・調査費、研修費

・委託費(コンサル・デザイン・加工)

・広告宣伝費、印刷製本費

・会場借料や機械のレンタル費、運搬費


補助額

対象経費(20万円以上)の1/2 ※限度額50万円


補助年数

最高3年


施設や機械などの整備(ハード事業)  


対象経費

上記ソフト事業の取り組みを実施するものに限る

・試作品開発などに必要な備品購入費

※自動車やパソコンなど、汎用性の高いものは不可。

・開発や販売などを行う施設の整備費


補助額

対象経費(30万円以上)の1/3 ※限度額300万円


補助年数

1年(ソフト事業実施期間内の1年)


※国や県など、他の補助事業との併用可
(自己負担額が事業費の2割を割り込まないこと)。

※事業終了後の3年間の経過報告が必要。

ナチュラルコンサルタント株式会社へのリンク
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク