文字サイズ

  • 標準
  • 特大

不妊治療費助成

 不妊治療費の一部助成を行っています。


 令和4年4月から不妊治療費が保険適用となり、助成内容が変わりました。


助成金額

 自己負担額の2分の1以内の金額。1出産1回あたり5万円限度。

 ※体外受精や顕微授精に関しては、1出産につき治療開始時の妻の年齢が40歳未満は6回まで。40歳以上43歳未満は3回まで。


対象者

 夫婦(法律上の婚姻届出をしていないが、事実上婚姻関係にあるものを含む)の両者又は一方が津幡町に住所を有する者のうち、治療を開始した日において津幡町に引き続き1年以上住所を有する者


申請に必要なもの

(1)不妊治療費助成交付申請書(請求書)

(2)振込み先金融機関の口座

(3)治療費の領収書、明細書

(4)医療機関受診等証明書※ただいま準備中です。しばらくお待ちください。

申請期間

 1回の治療が終了した日の属する年度内(年度内とは4月1日から翌月3月31日まで)


  ※これまでの特定不妊治療の助成については、年度をまたぐ1回の治療について、経過措置の対象となります。治療開始が令和4年3月31日以前であり、終了が令和4年4月1日以降となる保険適用外で実施した治療は、助成対象となりますので、石川県の助成決定後、津幡町へ申請してください。申請書は【R4.3.31まで治療分】をご使用ください。

ー 目次 ー

津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク