文字サイズ

  • 標準
  • 特大

水質

ー 目次 ー

上水道の水質について

 お客様が普段使われている水道水については水道法第4条の規定により厳しい水質基準が定められています。津幡町では安全で安心できる水を安定して供給するために水道施設を衛生的に維持管理するとともに、定期的に水質検査を実施し、その結果を公表しています。

 また、石川県営水道(鶴来浄水場)より供給されている水は石川県が水質検査を行っています。ここには町の浄水場で作られている水の毎月検査と全項目検査の結果を掲載します。

令和3年度


令和 2 年度令和元年度  平成30年度

水の濁り

 蛇口から出る水の色について、よくある事例を紹介します。

水の色が白い?

 蛇口から水をコップなどでくんだとき、ソーダー水のように小さい泡がいっぱい出て水が白く見え、しばらくそっとしておくと透明になります。この泡の正体は気泡(空気)です。
 水道管の所々に空気弁を設置してありますが、それでも抜けていかなかった空気が蛇口から水と一緒に出たと考えられます。しばらく水を使い続けるとなくなります。
 空気ですので人体には全く害の無い物です。そのままお使い下さい。いくら水を使い続けても水の色が白い場合はご連絡下さい。

水の色が赤い?

 お風呂などに水を張ったとき、少し赤い、または黄色い場合は速やかにご連絡下さい。
 水道管は大部分が鋳鉄管を使用しています。塩素の入った水(消毒のため)を供給しているため、管と管の繋ぎの部分で錆が発生しています。通常は水圧がかかっているので錆は蛇口から出ませんが、何らかの影響で落ちたものと思われます。状態が直るまでは飲料には使用しないで下さい。
ナチュラルコンサルタント株式会社へのリンク
津幡町定住促進PRサイトバナー