文字サイズ

  • 標準
  • 特大

中学生海外派遣交流事業

 津幡中学校と津幡南中学校の姉妹校であるオーストラリアのノーザンビーチス・ステイト・ハイスクールに両中学校の生徒を派遣し、一層の学校交流で絆を深めます。また、体験授業やホームステイを通じ、その国の伝統および自然・文化・生活習慣等の理解を深め、津幡町の将来を担う国際感覚を持った人材の育成を図っています。


令和3年度の中学生海外派遣交流事業は中止します


 新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大による海外に派遣する生徒の健康等を配慮し、中学生海外派遣交流事業を中止します。



令和元年度 中学生海外派遣交流事業(令和2年度は中止)



 令和元年8月13日(火)~22日(木)にかけ、津幡中学校、津幡南中学校の10名がオーストラリアのクイーンズランド州タウンズビル市ノーザンビーチス・ステイト・ハイスクールに行ってきました。

 6月から出発直前まで、英会話やオーストラリアの文化の勉強、日本の文化を伝えるためのアトラクションの練習を行い、オーストラリアに出発しました。
 オーストラリアに到着後、ホームステイ先のバディと対面をし、自己紹介を済ませると各々の家庭に移動となり、日本語の全くない生活が始まりました。
 滞在中は、ホームステイ先の家族の方に動物園やスポーツ観戦、ショッピング等に連れて行ってもらい、バディともすぐに仲良くなり、言葉が十分に伝わらなくても、身振り手振りで一生懸命自分の思いを伝えていました。また今年はアトラクションとして、津幡町歌体操を披露しました。姉妹校の生徒達やその家族と共に踊る場面もあり、とても微笑ましく、交流事業の成功を感じられる瞬間でした。
 最終日のお別れセレモニーでは、短い期間であったにもかかわらず仲良くなったバディと再会を誓い合い、名残惜しそうな雰囲気の中帰国しました。

 帰国した生徒たちは随分と大人っぽくなったように感じました。たくましい顔つきとなった生徒達を出迎えた保護者は、安堵と同時に驚きを感じられているようでした。

津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク