文字サイズ

  • 標準
  • 特大

事業所向け情報

ー 目次 ー

要介護認定有効期間の半数を超える短期入所の理由書について

提出にあたって

  • 有効期間のおおむね半数を超える短期入所サービスの利用日数が見込まれる前月に、次の書類を提出してください。毎月の提出は不要ですが、次期有効期間において同様に半数を超えると判断される場合は再度提出が必要です。
  •   ◎理由書

      ◎居宅サービス計画書(第1表、第2表)(写)           ※要支援の場合、介護予防サービス支援計画表(写)

      ◎サービス担当者会議の記録(写)


  • 記載内容が理由書に収まらない場合は、別紙を添付してください。
  • 理由書を含む提出書類に正当な理由が見当たらないと判断される場合は、別途連絡することがあります。
  • 理由書提出後も長期間にわたり短期入所サービス利用が継続している場合、改めてモニタリング表の提出をお願いする場合があります。
  • 原則として特別養護老人ホーム等への入所待機状態であることが必要です。また、本理由による待機者については、入所優先順位が高いと考えられますが、特定の施設のみでなく複数の施設に入所申し込みをするなど、短期入所のおおむね半数を超えての利用の早期解消に努めてください。
津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク