文字サイズ

  • 標準
  • 特大

ポリファーマシーとお薬手帳

ポリファーマシーとは

 必要以上のお薬が投与されている、あるいは不必要なお薬が処方されている状態です。多剤併用により、診療科が異なる場合などに複数の処方がおこなわれ、副作用など予測不能の現象が起こる可能性が高くなります。また、服用できずお薬が残ってしまい、医療費が高騰するという問題も起こってきます。

ー 目次 ー

ポリファーマシーと残薬に対する対策

 受診のときには、お薬手帳を持参しましょう 

 

 

 自分が使っている薬の記録をつけておくための「お薬手帳」を活用することで効果があります。手帳には、手帳の所有者の基本情報、アレルギー・副作用歴の有無、過去の病歴、かかりつけ医・薬局、服用薬に関する情報、処方された薬の名前、使用量、服用回数などを記載します。

 医療機関を受診するときや薬局に行くときは、お薬手帳を持参しましょう。薬によるアレルギー経験等も医師や薬剤師へ正確に伝えることができますし、災害などの緊急時の備えにも有効です。病院や薬局ごとに手帳を分けずに1冊にまとめることをお勧めします。

津幡町定住促進PRサイトバナー
くらしの便利帳へのリンク